交通事故の後にすぐに受診したほうがいい理由は?脳外科がある病院で検査を受けよう!

車1

交通事故に遭ったときは、体のさまざまな部分に異常が生じている可能性があります。これと言った自覚症状がないときでも、できるだけ早く医療機関を受診するのがベストです。事故の後に病院にかかっておくと、いろいろなメリットが得られます。

今回は、交通事故の後にすぐに病院に行ったほうがいい理由や病院の選び方などを解説していきます。

交通事故のダメージは検査をしないとわからない

一般的に、交通事故の後にはすぐに病院に行ったほうがいいと言われています。こういった定説があるのは、病院に行かないと身体的なダメージが生じているかどうかがはっきりとわからないからです。事故に遭った場合、精神的に動揺してしまう人が大半です。

事故の相手や警察、保険会社とのやり取りなどに気を取られて、自分の体のチェックがおろそかになるケースも少なくありません。体に出血や痛みなどが見られない場合、「自分はケガをしていない」と単純に思い込んでしまう人もいるでしょう。

ただ、自分では体の内部まではチェックができませんよね。痛みがなくても体のどこかにダメージが生じているケースもあるため、できるだけ早く病院を受診することが大切です。交通事故の後に病院を受診した場合、最初に検査がおこなわれるケースが多いです。

医師も、その人を外から見ただけではダメージがあるかどうかがわかりません。病院では、必要に応じて詳しい精密検査をおこなって、体に異常がないかをチェックするのが一般的です。

病院にかかっておくと後から症状がでたときの不安が減る

すぐに病院に行ったほうがいい理由の2つ目は、後から症状が現れてきたときの不安が減るからです。交通事故の影響は、当日や翌日にはとくに見られなくても、数日後や数週間後に突然現れてくる場合もあります。受診をせずにそのまま放置してしまったことが災いして、数日後、数週間後に深刻な状態に陥るケースは少なくありません。

事故の後にすぐに病院を受診していれば、こういった状況になるリスクも最小限に抑えられるでしょう。事故の直後に病院を受診していると、後から何らかの症状が現れてきたときにもカルテなどを見て医師が経過をチェックできます。

最初に受診したときの状態や検査結果などをもとに、正しい診断がしやすくなるのがこの場合のメリットです。受診する側としても、一度病院にかかって検査で異常がないことがわかっていれば、後に症状が現れたとしてもいたずらに不安を抱えずに済みます。

精神的なストレスを減らすうえでも、事故の後に病院に行くことはプラスになるかもしれませんね。

受診していないときには因果関係が証明できなくなることもある

車3

時間がたってから症状が現れたり後遺障害が疑われたりしたときに、事故との因果関係を証明しやすくなることも、すぐに受診をしておいたほうがよい理由です。事故の後に受診をしなかった人の場合、その後に症状や障害が現れても事故との因果関係が証明しにくくなります。

「事故と関係があるかもしれない」と時間がたってから保険会社などに申し出ても、因果関係がはっきりとわからないと対応してもらえない可能性があります。事故がすでに物損事故として扱われてしまっているときには、とくに要注意です。

長い時間がたってからこのような申し出をすると、保険会社からあらぬ疑いをかけられるケースもあるため気を付けましょう。病院を受診してカルテなどが残っていれば、因果関係を証明する糸口がつかめるかもしれません。

カルテに記録されている受診時の自覚症状などは、因果関係の証明に役立つことも考えられます。因果関係の証明は、後遺障害の認定でも重要になってきます。交通事故に遭ったときは、「病院に行くのが面倒」だと思っても、後のことを考えて早めに受診をしておくのが得策です。

関連記事:交通事故でプレートを使った治療を受けたときは後遺障害?後遺障害の条件のまとめ!

複数の診療科がある病院なら一度に検査ができる

交通事故の後に病院に行くときは、脳外科や整形外科などの複数の診療科がある病院を選んだほうが何かと便利です。交通事故では体のいろいろな場所にダメージが生じている可能性がありますが、脳や頸椎のダメージはとくに深刻な症状につながりやすいです。

軽い打撲程度でも、念のために精密検査をしてもらったほうが安心と言えます。複数の診療科がある総合病院などは、いろいろな部位の検査が一度に受けられるのがメリットです。大きな病院は詳しい画像検査ができる設備がひと通りそろっていることが多く、脳や頸椎などの全身をくまなくチェックしたいときにも便利です。

複数の医療機関を別々に受診する場合、医師に紹介状を書いてもらったり、診察の際に何度も同じ説明を繰り返さなければならなかったりすることもあるでしょう。ダメージを早期発見してすぐに対処をするためにも、受診する医療機関の選び方には少し工夫をしたほうがよいかもしれませんね。

相手に過失があれば損害賠償請求も可能

自分が事故の被害者になった場合は、加害者に損害賠償請求ができます。例えば、医療費を自己負担しているときには、加害者側が加入している保険会社に通院費や入院費などの請求が可能です。ちなみに、自分にも過失があるときは過失割合に応じて請求できる金額が減ることもあります。

過失割合は、事故の後の実況見分などで決まることが多いため、請求できる金額がわかるまでには少し時間がかかるかもしれません。交通事故で病院を受診する場合でも健康保険が使えますが、健康保険での治療には一部制限があります。

また、労災保険に加入している人の通勤途中の交通事故などは、労災保険が適用されるのが一般的です。自賠責保険や任意保険で診療を受ける場合は、自由診療の扱いになるのが一般的です。この場合、被害者が立て替え払いをするときは、一時期に高額な医療費を負担しなければならないケースもあります。

自由診療は、健康保険での診療のように治療に関する制限がないのがメリットです。ただ、保険会社から直接病院に医療費が支払われないスタイルだと、当初の負担が大きくなるかもしれません。このような場合には、自賠責保険の仮渡金制度を利用するのも1つの方法になるでしょう。

関連記事:交通事故を起こさないために!7つに区分された安全運転義務違反を知る!!

後の症状の扱いについても相談しておくと安心

物損事故の扱いで示談をしてしまった場合、後から症状が現れたときに人身事故としてあらたに協議ができるかどうかはケースバイケースです。交通事故の後に相手と示談をする際には、後日に症状が現れたときの扱いについても取り決めておくとよいかもしれませんね。

症状が現れた時点で再び協議ができるようにしておけば、示談をしてしまった後でも何らかの手が打てる可能性があります。示談書を交わす際には、細かい点までよく相談しておくことが大切です。保険会社のペースで手続きを進めるのが不安な場合は、交通事故の問題に強い弁護士などに相談してから示談をするようにするのもよい方法です。